コニカ MO-PRO5150用ACアダプターの接点汚れをKURE 接点復活スプレーで落とす

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

コニカのMOドライブ MO-PRO5150用のACアダプターを見つけたのですが、接点が汚れていたので、呉工業の接点復活スプレーで綺麗にして、無事にWindows10で認識しました。
PhotoGrid_Plus_1622843632144.png

MO-PRO5150は、コニカミノルタグループにかつてあった「コニカミノルタオプト」が製造・販売していた、USB接続のMO&カードリーダー/ライターユニットで、PCMCIA Type IIカードリーダーも搭載しているのが特徴です。
パソコンに接続せず、単独で動作することも可能で、メモリーカードからMOディスクへデータのコピーも出来るという優れものです。

PhotoGrid_Plus_1622847083939.png

型番でGoogle検索したら、私の以前のブログ記事が引っかかって、ちょっと恥ずかしい。

MOディスク/ドライブは現役[コニカミノルタ MO-PRO 5150] - おそえの日誌

コニカミノルタは、大変ありがたいことに、この記事執筆時点では取扱説明書もダウンロードできるようにされてました。

https://www.konicaminolta.jp/opt/support/download/mo/pdf/mopro5150_manual.pdf

数年前からACアダプターが見当たらなくなり使ってませんでしたが、先日見つけました。

PhotoGrid_Plus_1622843158716.png

しかし、ACアダプターのプラグ(コンセント側と本体側)に白い汚れが付着。

PhotoGrid_Plus_1622843270112.png

そこで、ホームセンターで呉工業の接点復活スプレーを買ってきました。

PhotoGrid_Plus_1622843105002.png

プシュっと吹きかけて、手早くティッシュで拭き取ります。

PhotoGrid_Plus_1622843344888.png

MO-PRO5150はパソコンとUSBケーブルで接続しますが、本体側が最近はほぼ見かけない「mini B」端子。

PhotoGrid_Plus_1622847019139.png

PlayStation3のコントローラーを充電するときに使ってるUSBケーブルで接続し、無事にWindows10で認識、読み書きができました。

PhotoGrid_Plus_1622819137180.png

windows10ではUSBドライブとして認識され、MOディスクが入ってないときは薄いアイコンで操作はできず、MOディスクを入れてると通常のアイコンとなります。右クリックで「取り出し」すれば、MOディスクが排出されます。

なお、フリーのPCMCIA Type IIカードは見当たらず、動作を確認できませんでした。(BrainPad TiPO用のATAカードならありますが、これはμBTRON用として使ってるので試せません)

動作確認しようとMOディスクを探してたら、キティちゃんデザインのものを見つけました。

PhotoGrid_Plus_1622843682222.png

<今回使った道具>