バッファロー製nasneにバッファロー製外付けハードディスク6TB(HD-AD6U3)を増設

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

先日購入したバッファロー製nasneには、6TBまでの外付けハードディスクを増設できます。
nasne事業を継承してくれたバッファローさんに感謝の気持ちを表すため、外付けハードディスクはバッファロー製を選びました。

PhotoGrid_Plus_1620514181791.png

Amazon.co.jp限定(【Amazon.co.jp限定】バッファロー 外付けハードディスク 6TB テレビ録画/PC/PS4/4K対応 バッファロー製nasne™対応 静音&コンパクト 日本製 故障予測 みまもり合図 HD-AD6U3 )とのことで、届いた商品の化粧箱はシンプルな茶色の化粧箱に入っていました。

PhotoGrid_Plus_1620513635325.png

蓋はバッファローのシールで止められてました。
封印用のシールではなく、小売店などで商品に貼りつけ用のシールです。

PhotoGrid_Plus_1620513685011.png

ふたを開けると、USBケーブル(USB 3.0 Type-A ?Type micro B)ケーブルとACアダプターが入ってます。

PhotoGrid_Plus_1620513743405.png

ACアダプターは中蓋を手前に引き上げると取り出せます。

PhotoGrid_Plus_1620513806809.png

中蓋の奥にハードディスク本体と説明書(保証書付き)が入っています。

PhotoGrid_Plus_1620513853864.png

中には以下のものが入ってました。

  • 外付けハードディスク本体「HD-AD6U3」
  • ACアダプター
  • USBケーブル(USB 3.0 Type-A ?Type micro B)
  • 説明書(保証書付き)
  • シャープ製テレビをお使いの場合の接続マニュアル

PhotoGrid_Plus_1620513958363.png

背面に商品名、シリアル番号を記載したシールと、ACアダプターを差し込む端子と、USB 3.0のmicro B端子があります。
このハードディスク本体はUSB 3.0の高速転送ができますが、バッファロー製nasne(ソニー製もです)はUSB 2.0での転送となります。

PhotoGrid_Plus_1620514587445.png

縦置き、横置きのどちらでも可能なように脚があります。
安定するので横置き推奨のラベルが貼られてます。
でも、私の場合は設置スペース的に縦置きになっちゃいます。

PhotoGrid_Plus_1620514662778.png

それでは、外付けハードディスク「HD-AD6U3」をバッファロー製nasneに接続します。
バッファローのホームページの記載通りに接続したので、バッファロー製nasneの電源は切らずにそのまま接続しました。

PhotoGrid_Plus_1620515029440.png

バッファロー製nasneのUSB端子はLAN端子の下にあります。

PhotoGrid_Plus_1620515266451.png

次に、接続した外付けハードディスクをnasneへ認識させるために、ブラウザなどからnasne HOMEへアクセス、起動します。

nasne HOMEの「ハードディスク管理」をクリックします。

Blog-Buffalo-nasne_HD-AD6U3_01.png

「ハードディスク管理」を開いたら、外付けハードディスクが認識されてる状態で、でも、「未登録」なので、「登録」を押します。

Blog-Buffalo-nasne_HD-AD6U3_02.png

外付けハードディスクの内容を削除することの注意が表示されます。
今回は新品で購入してるため、中にデータは無いので、「はい」を押して進みます。

Blog-Buffalo-nasne_HD-AD6U3_03.png

登録作業の進捗が表示されます。

Blog-Buffalo-nasne_HD-AD6U3_04.png

登録が完了すると、「登録済み: BUFFALO HD-AD6U3」と表示され、使用と空き容量が表示されます。

Blog-Buffalo-nasne_HD-AD6U3_05.png

なお、同一のネットワークに接続された機器には下記のように表示されるので、簡易的なNASとして使うときの保存先として確認しておきます。

  • nasne内蔵ハードディスク ・・・ 「share1」
  • 外付けハードディスク ・・・ 「share2」

また、nasneに接続した外付けハードディスクを変更すると、最初に接続していたハードディスクに録画された番組は見ることができなくなるので注意が必要です。