Nexus7 (2013) を約一週間使っての感想と ASUS Nexus 7 (2013) 専用プレミアムカバー (Premium Cover)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

Nexus7 (2013)を1週間ほど使ってみて、使い勝手はNexus7 (2012)と余り変わらないなぁ、というのが正直なところですが、高精細液晶画面による小さいサイズの文字の読みやすさを実感しています。

まだ活用出来てませんがフロントカメラもどんどん使ってみたいと思います。

DSC_2840.jpg

裏面はツルツル仕上げに「nexus」の文字を彫られていて、結構カッコイイです。でも、Nexus7 (2012)のつぶつぶ仕上げの方が好みです。

DSC_2839.jpgDSC_2841.jpg

スピーカーは裏面の短辺側の両側にあります。横向きの時にステレオ感あるサウンドで再生してくれます。内蔵スピーカーとしては結構明瞭に聴こえる良い感じの音です。

DSC_2842.jpg

電源、ボリュームボタンは右側面にあり、従来と同じで変わりありません。電源の近くにフロントカメラが配置されてます。

Nexus7 (2013)でのスクリーンショットの撮り方は従来と同じく、「電源ボタン」と「ボリュームボタンの下げるボタン」を同時押しです。どちらかを先に押すのではなく、本当に同時押しです。

DSC_2843.jpg

「純正品」を謳う「ASUS Nexus 7 (2013) 専用プレミアムカバー(ブラック) 90-XB3TOKSL002F0- 」ですが、カバー自体も薄く作られていて、薄い本体の良さを損なうことなく装着出来ます。

本体装着側の上部と下部にはスピーカーの音が出てくる為の穴も設けてあります。

DSC_2844.jpgDSC_2845.jpg

蓋はいわゆる「お風呂用蓋」のようになっており、三角形に折り曲げられるようになっています。
しかし、低い位置のポジションは問題ないのですが、立てかける形状の場合は、Nexus7本体の重みで数分で倒れてしまいます。立てかける形状の場合は後ろに壁がある場所でのみ使用しています。

大変残念なのは、蓋を閉じたときにスリープになってくれず、蓋を開けたときにスリープを解除してくれません。なので、「薄型ケース」と割り切って使っています。