期待が高いソニーのCrystal LED Display

2012 International CESに関しては、一般紙系のネットニュースサイトやテレビのニュースなどでは、韓国系家電メーカーの躍進と日本系家電メーカーの勢いの衰えが報道されていました。

専門系ニュースサイトでも同様の報道はありましたが、一方で、ソニーのCrystal LED Displayに対する評価の高さと、期待の高さが目に付きました。

もちろん、私がソニー好きというバイアスが掛かっていることは間違いありません。もう、否定しないですよ(笑)。
でも、それはそれとして、とにかくソニーのCrystal LED Displayについて期待が高いというのが下記の記事です。

印が注目記事です。)

AV Watch - 本田雅一のAVTrends

AV Watch - 西川善司の大画面☆マニア


<週アスPLUS>


<ITmedia>

  2012 International CES:


<ソニー株式会社>

詳しい技術などはそれぞのれ記事を参照下さい。
ざっくりと説明すると、最近注目度の高い「LED電球」などで使われている技術が、そのまま光の三原色(R・G・B)にて表現され、自発光なので鮮やかで応答速度が速く、キレイと動画再生性能が高いディスプレイ、ということです。

そして、CESでの展示機は55インチで70Wと、一般的な液晶テレビの約半分。

一般紙やテレビではソニーの有機EL撤退しか報道してませんでしたが、実用化のめどが立っている高画質ディスプレイ技術が展示されていたことを報道していないというのは、寂しい限りです。

もっと沢山の人に知ってもらい、国内メーカーが頑張っている姿を見て欲しいですね。
そして、海外のメーカーと競争をしていくことで、お互いによりよいモノが生まれ、その結果、私たちがより良いモノを手に入れることが出来ることを期待しています。