洲本オリオン(淡路島)でガールズ&パンツァー劇場版を観てきました

ゴールデンウイークの3日間(2016/5/3~5/5)に、兵庫県洲本市(淡路島)にある映画館「洲本オリオン」でガールズ&パンツァー劇場版が上映されるとのことで、「マチ★アソビ vol.16に遊びに行ってきました!」の後で観てきました。
DSC02827.JPG

駐車場は無いので、近所のアーケードに隣接するコインパーキングを利用しました。

とても細い路地に面して建ってる映画館です。

映画館の外に、早速ガールズ&パンツァー劇場版のポスターが!

DSC_8419.jpg

実は、既に定期的な上映はお休みされてるとのことで、スポットで上映されてるとのこと。
以前はチケット売り場だったと思われる窓口はチラシを貼り付けられてました。

DSC02829.JPG

窓口の左下に掲示されてたように、なんと来場者特典があったのです!(先着数量限定)
新春ポストカード、バレンタインカード(第一弾、第二弾)のどれかから選べました。
私は継続高校のミカさん♪

DSC_8423.jpg

私は18時15分からの上映開始分で観ましたが、当日(5月3日)は暴風雨でお客さんも少なかったです。
ただ、Twitter検索したところ、天候が良かった日中は多かったようで、やはり、人気を感じました。

上映前、アナウンス嬢さんが上映についてのご挨拶と注意事項をアナウンスされたあと、最後に「パンツァー、フォー!」って言われてテンション上がりました♪

上映後の私のツイートがこちら。

建物自体は頑丈そうですが、暴風の音が結構聞こえてて、劇中の嵐のシーンでも聞こえてるものですから、なんとなく4DXのような感じでした。

これまで、通常版は今回で3回目、4DX版は2回観てますが、洲本オリオンは音に迫力があるだけでなく、低音から高音までがそれぞれしっかりと鳴らせれてて、今まで観てきた映画館の中で音質が一番良かったように思います。

「ガールズ&パンツァー劇場版」は何度観ても、良く作られた設定とストーリー、テンポの良い展開を楽しめます。

そして、観るたびに新しい発見もあります。
今回は、大学選抜チームの隊長「島田愛里寿(CV・竹達彩奈さん)」初登場の際にポケットから取り出した懐中時計に、ガールズ&パンツァーのアニメーション制作会社「ACTAS」が、時計のブランド名のように書いてあるのに気が付きました。

洲本オリオンでは時折映画の上映を行われてるようで、今月はチラシにあるオデッセイも上映されるそうです。詳しくは公式サイトへ。

DSC_8431.jpg