自作パソコンが突然落ちる症状改善のために組み直ししました

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

このところ、エラーメッセージなしで突然落ちて再起動したり、エラーメッセージが出るけど「修復しています」のメッセージから次に進まず手動でリセットすることがあったため、同僚のアドバイスを参考にパソコンを組み直ししました。

パソコンの側面を開けます。

501e72cdb38f841bf1c7dcc2772b56816b969606.JPG

写真正面の大きいファンがCPUファンSCYTHE 羅刹クーラー SCRT-1000です。

掃除するためにファン部分を外します。(後に、この作業は不要となりました。。。)
DSC_7509.JPG
埃だらけなので、掃除機で吸い取りました。

ファンを外した状態の放熱フィンのみがこちら。
DSC_7510.JPG
放熱フィンの間に埃が詰まってるので、これも掃除機で吸い取りました。

ここで、外せるメモリー3本だけ外して指し直して、電源を入れたところ、まったく動作しない!
電源ランプとマザーボードの各ランプは点くものの、グラフィックカードからモニターへ信号が来ないため、モニターが真っ黒の状態。

結局、再度分解。
次は羅刹クーラーが大きすぎてメモリーの1本を外せなかったので、羅刹クーラーを外すために、グラフィックカードNVIDIA GeForce GTX 460 (ELSA GLADIAC GTX 460 GD460-1GERX )を外して、羅刹クーラーを外しました。

DSC_7513.JPG

DSC_7514.JPG

接触面のグリースが剥がれてます。
これでメモリーが外せました。(写真は一本足りませんが、四本とも外しました)

DSC_7511.JPG

メモリーの刺す場所を入れ替えて、一本ずつしっかりと差し込みます。

再度、羅刹クーラーを装着しようとしましたが、グリースを切らしていたため、AMD Phenom II X6 1090T Black Edition (Thuban)に付属していた純正クーラーを5年ぶりに装着しました。

DSC_7515.JPG

羅刹クーラーと比べたら小さいですね。

純正ですから、冷却性能は十分です。

むしろ、ケース内部のエアフローが良くなったかもしれません。

組み直しが終わってパソコンを起動し、問題なく稼働したので一安心。

作業から4日経過してますが、快調に安定稼働しています。