SHIROBAKO三分法(おすすめポイント)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

2014年10月から2015年3月まで2クール24話放映されていたテレビアニメ「SHIROBAKO」が面白くて、何度も何度も、今でも繰り返し観てます。

何がそんなにハマったのかな?と思ったときに、これらかなと思いました。

  1. 主人公の宮森あおいを始めとした5人の社会人としての成長物語

  2. アニメーション制作を題材にしている専門性

  3. ファンタジー部分を含めたコメディ演出


1.主人公の宮森あおいを始めとした5人の社会人としての成長物語

SHIROBAKOは主人公の宮森あおいが通っていた高校の部活動「アニメーション同好会」の同級生と後輩の5人の成長物語の部分があります。

宮森あおいはアニメーション制作会社の制作進行として、2クール目からはデスクとして毎日奮闘します。

1話目は作画監督の瀬川美里の自宅まで原画を回収に行くシーンからスタートしますが、制作進行のお仕事はそれだけではなく、回収してきた原画を各部署に回してチェックしてもらい、最終的に動画になるようにします。

気まぐれ?な監督の作品への想いをまとめたり、不甲斐ない先輩によって壊れた他部署間の担当責任者たちを上手く引き寄せたり、高校時代からの同級生である安原絵麻が落ち込んでる時に力になろうとしたり、入社1年目から大忙し。

入社2年目に入るときには制作進行をまとめるデスクになり、新入社員への教育を兼ねながら全体の調整を行い、自身も成長していきます。

宮森あおいと同じアニメーション制作会社に原画として勤める安原絵麻、声優志望の坂木しずか、CGクリエイター志望の藤堂美沙、脚本家志望の今井みどりの4人もそれぞれが持ってる目標に向かって頑張ります。

2.アニメーション制作を題材にしている専門性

実際のアニメーション制作の内容を知る機会はなかなかありません。

アニメのオープニングやエンディングで沢山の担当名やスタッフさんのお名前が出てきますが、それらを分かりやすく描いています。ただ、やはり専門性が高いことも事実なので、専門用語などは公式ホームページでフォローされています。

3.ファンタジー部分を含めたコメディ演出

前述の2点だけだと、固いお話で終わってしまいます。

しかし、SHIROBAKOでは、物語の中で制作されているアニメのキャラクターが宮森あおいなどの登場人物の前に降臨してきたり、宮森あおいが問題にぶつかって悩んでいたら、彼女のぬいぐるみ「ミムジー」と「ロロ」が心の声を代弁してしゃべりだしたりと、ファンタジー部分を含めたコメディ演出で、クスッと笑えます。

また、実在の会社名をもじったりはもちろん、「とあるお寺の即身仏」や「おしゃべりの艦隊」といった、元ネタが分かるパロディも良いですね。

でも、これらファンタジー部分を含めたコメディ要素については、全体的には強いわけではなかったところが、SHIROBAKOのバランスの良さ、物語のスムーズさに繋がってたと思います。