ソニー(SONY) ステレオヘッドホン『MDR-1R』購入しました

今まで使っていたヘッドホン「ソニー MDR-CD380(ソニー ニュースリリース)」のイヤーパッド(耳当て)が外れてしまいました。10年以上使ってたので、お疲れ様です、ということで、新しいヘッドホン『ソニー MDR-1R』を買って貰いました、誕生日に♪

DSC_2585.jpg

手提げ袋がなかったので、カメラバッグに入れて持って帰りましたが、全然入りませんでした(笑)。

DSC_2583.jpgDSC_2584.jpg

結構堅めのフィルムで全体を覆ってました。
側面には試供品のケーブルが入ってることを示すシールが貼られてました。

DSC_2586.jpg

裏面。商品の特徴が記載されてます。

DSC_2587.jpg

上面。フック陳列出来るようになってますが、なぜかメーカー保証書がココに挟み込んでありました。

DSC_2588.jpg

早速、側面を引っ張り出します。

DSC_2589.jpg

内箱。

DSC_2590.jpg

内箱を開くと、MDR-1R本体が姿を現します。

DSC_2591.jpg

内箱の蓋に相当するところの内側に説明書と付属品が収められています。

DSC_2592.jpgDSC_2593.jpg

説明書は簡単なものと通常のものが入ってます。まずはケーブル接続についての説明。

DSC_2594.jpg

詳細な説明書は下記のようになっていました。

DSC_2595.jpg

DSC_2596.jpg DSC_2597.jpg

「MDR-1R」のケーブルは脱着式です。

DSC_2598.jpg DSC_2599.jpg

付属ケーブルの内、通常のケーブルは試供品であるからか、長さが1.2mと短いので、ちょっと取り回ししづらいことがあります。近いうちに別途ケーブルを買ってこようと思います。

MDR-1Rを数ヶ月使っての感想ですが、非常にナチュラルな音質で、高音域から低音域までキチンと音を分けて再生してくれます。また、ボーカルもハッキリ聞こえます。
包み込む装着感を実現するエンフォールディングストラクチャーにより、耳たぶを押さえつけない設計なので、長時間装着しても疲れにくいです。