月刊Stereo 2013年8月号付録スキャンスピーク製スピーカーとムック誌付録バックロードホーン型エンクロージュア・キットを組み立てる

昨年、書店で見かけて、買おうかどうか迷って買わなくて後悔したので、先日、見かけたその場で買ってしまいました、月刊Stereo付録のスピーカーとスピーカーエンクロージュア・キット。

  • 月刊Stereo 2013年8月号付録スキャンスピーク製高性能マグネット搭載50mmフルレンジスピーカー・ユニット(ペア完成品)¥2,990 (税込)
  • ムック誌『スピーカー工作の基本&実例集2013年版 特別付録 バックロードホーン型エンクロージュア・キット』 ¥3,990 (税込)

DSC_2732.jpg

スピーカーは一般的に「バスレフ型」が多いのですが、今回の「バックロードホーン型」はスピーカー背面からの音の通り道が内部で長くなるようになっていて、また、出口に近くなるほど広くなるようになっています。これによって低音が出るようになっているそうです。

<参考>スピーカーエンクロージャ:バックロードホーン型スピーカー (DIY Sound)

組み立てに用意したのは下記です。

  • 木工用ボンド
  • プラスドライバー
  • メンディングテープ

スピーカーに内部接続用のコードを取り付けます。スピーカーの「+」に赤い線を、「-」に黒い線を接続します。カチッと手応えがあるまで差し込みます。

DSC_2721.jpg

スピーカーエンクロージュア・キットには貼り付ける順番に番号が印字されてるので迷うことはありません。「6」と「9」は印字自体では全く区別されてませんが、大きさが違うので間違うことありません。

DSC_2730.jpg

また、側面の板には張り付け位置が分かるように溝があるので、組み立てやすくなっています。

まずはボンドを付けずに借り組みしてみます。

DSC_2720.jpg

組み立てのイメージを掴んだら、一旦バラして、一つずつ木工用ボンドを付けて組み立てていきます。

DSC_2729.jpg

ひとつずつ慎重に貼っていきます。

DSC_2728.jpg DSC_2722.jpg

スピーカーユニットの直後のところに吸音材を貼ります。
また、スピーカーユニットとスピーカー接続端子を配線しておきます。

DSC_2723.jpg

最後の側面を貼り付け、スピーカーユニットを埋め込みます。ドライバーでスピーカーユニットを傷つけないように慎重に取り付けます。

DSC_2724.jpg

完成!と、したいところですが、木工用ボンドが乾ききるまでは、重しを載せて押しつけて数日待ちます。

DSC_2726.jpg

設置。

DSC_2734.jpg

鳴らし始めた当初は余り音が出ませんでしたが、鳴らしているうちにだんだん馴染んで来て色んな音が出るようになりました。これはヤバイ、ハマりそう(^^;